バリキャリママの子育てブログ

キャリアも諦めず、子育ても手を抜かず、両立できるママを目指します!このブログでは、妊娠中や出産、子育ての話などを書いていきたいと思います。

こんなに大きくなるの?!驚くほど大きくなった我が子のでべそ

産まれてからしばらくついていたへその緒がポロッととれたときは、赤ちゃんの成長を感じてなんだかうれしいですよね。

ただ、うちの赤ちゃんはそこからおへそが日に日に大きくなっていく問題に直面しました。

心配になるくらいのでべそ

へその緒がついていたとき、おへそがジュクジュクしていたので、ずっとお風呂あがりに綿棒でケアしていました。

へその緒がとれるとジュクジュクもおさまり、とくにケアも必要なくなったので、しばらくおへそを気にしない日々が続きます。

そんなある日、ふと気づくとおへそがなんだかすごくでべそになってきました。

そのまま様子を見ていると、はちきれんばかりの大きさまでおへそがでるように!

f:id:REEEN:20200403083733p:plain

赤ちゃんはでべそになることがあるとは聞きますが、本当にここまで大きくなるものかすごく心配に。

泣くとより大きくはち切れそうになるので、見ているだけでも怖いです。

そして、でべそが邪魔でおむつも下の方につけるしかなく、本当に大丈夫か不安で小児科の先生に相談をしました。

赤ちゃんのでべそは臍ヘルニア

小児科の先生に相談するために私が使ったのは、小児科オンラインというサービスです。

syounika.jp

このサービスは平日の夜にLINEを使ってメッセージや電話で小児科の先生に医療相談ができるサービスです。

赤ちゃんの頭に赤い痣ができたときも相談させていただいたり、非常に重宝しているサービスです。

career-and-childcare.hatenablog.jp

小児科の先生によると、こういう赤ちゃんのでべそは臍ヘルニアというそうです。

へその緒が切れてから膨らんでくることがあるそうですが、基本的には心配ないそうです。

へその緒があった部分の筋肉が完全に閉じきらず、腸管がでてきてすごく大きなでべそになってしまうとのこと。

腸管がでてくるとか、ちょっと怖いですよね。

でも、ハイハイをしたりして、腹筋がついてくると自然と治ってくるそうです。

赤ちゃんが穏やかな時におへそを優しく押すとおへそが引っ込んだり、泣いてる時に特に大きく出てくるのはおそらく臍ヘルニアだということです。

昔はテープで強引におへそを潰してキープさせたりもしていたそうですが、結局テープがないと泣いたらでてきてしまったりもするし、今はそういう対処もしないそうです。

1歳くらいまでは様子見で良いと言われました。

【スポンサーリンク】

赤ちゃんのでべそは心配しすぎないで

私も、妊娠中はお腹が大きくなるにつれて初めてでべそになり、びっくりしたのを覚えています。

ただ、赤ちゃんのでべそはそんなものの比じゃないくらいとっても大きいでべそでした。

張り裂けそうなほどのでべそは心配になりますが、あまり心配しすぎず、無理に触って潰したりせず、自然に過ごすだけで良さそうです。

心配しすぎず、赤ちゃんとの生活を引き続き楽しみましょう。